ペットのための保険って、どんなものがあるの?

Q

猫を飼い始めて約1年になります。
知り合いから、保護した子猫を預かってくれと頼まれたのがきっかけですが、そのままなしくずし的にというか、途中からは頼まれても返さんといって(笑)一緒に住んでいます。

とても健康な子なのですが、1年とはいえ、予防接種、健康診断、不妊手術、風邪の治療などなど、
実はトータルで考えるとけっこうなお金がかかってしまっています。

遅ればせながら、知人からペットの保険というものがあるんだと教えてもらったのですが、
これまでかかった費用はともかく、今後の彼女の医療費がカバーできるものなのでしょうか?

できればずっと一緒に暮らしていくつもりなので、ご教示、よろしくお願いします。
(みくろんさん 29歳)


~管理人の回答~

おお、うちも猫と暮らしてますよ、みくろんさん!
今度、ヒマなときに写真でも交換しましょうか(笑)。

んー、でも確かにそうですよね、意外にお金かかりますよね、やつら。
ウチのも何年か前に、何やら腎臓がじゃっかん弱ってしまったらしく、
半年ばかり、病院通いとお薬+食事療法を続けました。
今はもう元気ですが、なんだかんだで、けっこう医療費かかりましたよ(泣)。

ノド元すぎればなんとやら、ですっかり忘れてましたが、その時期には私もペット保険のこと調べたりしてましたっけ。

そういやあくどい業者がいてちょっと問題になったりしてましたが、基本的に現在は、

アクサ損害保険株式会社
アニコム損害保険株式会社

といった損保系(ペットは私有財産だから、だそうです)のほか、
●●少額短期保険株式会社といった名称のベンチャー企業や非営利団体が
いわゆるペット保険を集めてるみたいですね。

「定率保障型」→自己負担もありの健康保険みたいなもの
「定額保障型」→治療費に関係なく一定の金額を給付
「実額保障型」→限度額の範囲で、費用の全額を給付

といった3タイプが主流。
これまでかかった費用は諦めていただくとして、
人間のような医療保険制度も医療費の基準もないペットの医療費
知人ですが愛犬の臨終にあたっての医療費が数十万になったという人もいます。

現在、国内で飼われているペットは犬と猫だけで約2000万近いとも。
同時に、治療が長期となるケースも増加傾向とのことです。

生命保険とはジャンルが違うのですが、ペットの保険についても、これから勉強していきたいと思います!まったく他人事じゃありませんので!