独身時代、結婚したとき、子どもが出来たとき、家を購入したとき。 保険は「もしものときに、自分自身、また遺された家族の生活を支えるもの」なので、人生のライフステージごとに必要な種類や金額が異なります。
不必要な保障のために無駄な保険料を支払い続けたり、保障金額が足りなくて万が一の時に後悔しないよう、定期的に見直しすることが必要です。