厚生労働省の調査によると、2014年の生活保護受給世帯数は約216万人。そのうちの約半分は高齢者世帯であり、生活に苦しむ高齢者は過去最多となっています。
定年退職後は収入が大きく減るのにも関わらず、高齢になると医療費や介護費などの負担は大きくなります。貯蓄を切り崩して生活をせざるをえないことになるわけですが、老後に備えた十分な備えがなければ、生活は一気に苦しくなるでしょう。

老後破産に陥らないためには、どれだけ早く退職後のお金と生活について考えられるか、が鍵となります。まだまだ先のことと思わず、今から少しずつでも考えておきましょう。

どう確保する?老後資金